本サイトの目的


本サイトにて私は最終的に、現在考えうる人類史上最大のプロジェクトを行うことを考えています。

「人類史上最大なんて大げさだ」って?
確かに多くの人はそう思うかも知れませんね(笑)。

仮に「なにか大きいことを考えている」という人が周りにいるとして、その中で最大のものを思いつくとしたら何でしょうか。
世界征服? 或いは世界から戦争をなくす? 世界が一つになる?
たしかにそれらも大きな話ですが、私が考えているものはその次元が異なります。

今現在、私の知る限り日本はもちろん、世界中にも同じことを考えている人は多分誰もいないでしょう。
というより、これは日本人だからこそ発想出来るものなのではないかと思っています。
念の為に言っておきますが、もちろん人類が幸福になる方向のことですよ。(少なくとも私はそう考えています)

でも確かに”人類史上最大”というと語弊があるかもしれませんね。
私は過去に2度、人類はその行末を大きく変化させる発明をしたと考えています。
ここで軽くその内容について触れておきましょう。

人類を大きく変化させた発明の、まず一つ目が

“言葉の発明”

です。

言葉を発明したことで人類は猿や他の動物とは違う生き物になりました。 それについては説明の必要はありませんね? 
人類は言葉を利用して他人と細かい(動物とは違ったレベルの)コミュニケーションをとれるようになり、知識や知恵を他人に伝達できるようになりました。

更に言えば、皆さんはものを考える時に、何らかの言語で考えていますよね?
日本人ならば普通は日本語で考えるし、アメリカ人ならば英語で考えるでしょう。 一切言葉を使わずに考えろと言われたらかなり難しいですよね。
人類は言葉を発明したことで物事をより明確に思考できるようになったのです。 これは認知の革命とも言えるでしょうね。

そしてその言葉が“文字の発明”にも繋がったわけです。
文字を発明したことで人類は、言葉を距離が遠い場所や、時代をまたいで残せるようになりました。
その有効性と量については、人類の歴史や図書館、ネット等を見ればわかるとおりですね。


さて、そして2つ目の発明が

“数字の発明”

です。

数字の発明により人類は”定量的”にものを考えられるようになり、「牛がたくさんいる」から、「牛が5頭いる」という様な表現ができるようになりました。
そして数字の発明が”数学の発明”へと繋がりました。

そしてこの数字の発明が“文明”を生んだのです。

数字と数学の発明により石器時代に狩猟と採取だけをしていた人類が、農耕を生み、建物を作り、機械を作り、そして現在のスマートフォンや飛行機、AIにまで繋がる文明を生みました。
数学無くして物理学も化学もあり得ません。 科学技術のベースは全て数学なのです。
これについてはまた後に詳しく書く予定です。

つまり“言葉の発明”“数字の発明”が人類にとっての二大発明だと言えるでしょう。
他の発明や変化はこれら無くしてはあり得ませんので、この2つは人類に最も根源的な変化を与えた発明と言えると思います。

そして私が考えているプロジェクトはその次、3つ目に来るものです。 きっと人類の価値観やあり方を同程度に変えるでしょう。

ですがそれを完成させることは恐らく私一人では難しいですし、もしかしたら一世代で行うのも難しいかもしれません。
よってある程度のところで、皆さんの協力を求めるつもりです。 そして時代の状況を考えるとその完成は、意外と急がなければならないというのが私の予測です。

3つ目の発明、というかプロジェクトの、その内容を言葉で書くのはとても簡単なのですが、その概念などを理解するのは結構難しいと思われるので、具体的なことについては追々書いていきますね。

何れにせよ、これからスタートです。


* 念の為に書いておきますが、私は特定の思想や宗教とは一切関係ありません。そもそも私自身がいわゆる無神論者ですしね。本サイトは純粋に物理学や数学など、科学のみを使用します。


戻る